« ミニ企画展「暮しの手帖と昭和のくらし」紹介4 | トップページ | 特別公開「かえるまたよみがえる」 »

2016年8月26日 (金)

ミニ企画展「暮しの手帖と昭和のくらし」紹介5

今回展示した「暮しの手帖」の第1号から第62号までと記念号は、静岡市の所蔵品です。さらにこの企画展を開催するにあたって、静岡市安東にお住まいの池野斗志子様から210冊を寄贈していただきました。斗志子様が嫁がれたころから購読されていた本です。斗志子様は「多くの方々に手にとって見て、ご覧いただきたい。」というご希望をお持ちでした。ご寄贈くださった6月下旬は病院に入院中でいらっしゃいました。文化財資料館での今回の企画展で
多くの方に手にとっていただくことができることを、ご主人から知らされてたいへん喜んでくださったとお聞きしました。本当に残念なことに、7月18日に病院でお亡くなりになりました。この企画展を直に見ていただくことを念願しておりましたが、叶いませんでした。先日ご主人が、お亡くなりになった奥様の遺影を胸にご来館くださり、企画展をいっしょにご覧くださいました。
「家内がきっと喜んでいると思います。ただ見せてあがたかった。」とご主人がお話くださいました。斗志子様のご厚意に深く感謝申しあげます。ありがとうございました。
Img_63631

Img_63591

« ミニ企画展「暮しの手帖と昭和のくらし」紹介4 | トップページ | 特別公開「かえるまたよみがえる」 »

企画展」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニ企画展「暮しの手帖と昭和のくらし」紹介5:

« ミニ企画展「暮しの手帖と昭和のくらし」紹介4 | トップページ | 特別公開「かえるまたよみがえる」 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter

  • Twitter

キッズアートプロジェクトしずおか参加中