« 自由研究相談会を開催します! | トップページ | 10月のピックアップ特別公開!山田長政奉納戦艦図絵馬 »

2014年9月12日 (金)

平成26年9月のピックアップ~茶箱絵~

9月のピックアップ展示は「茶箱絵」です。

2

茶箱絵とは‥‥

日本のお茶は、安政6年、横浜開港と同時に諸外国への輸出産品となりました。
当初は壺などで輸出されていましたが、長期の輸送に耐えられる輸出用茶箱が
これに代わって用いられるようになりました。

茶箱には、中国に倣い絵入りのラベルが貼られました。
初期は文字の入らない浮世絵風の花鳥画や風俗画が用いられました。
これを「茶箱絵」といいます。
茶箱の縁には湿気を防ぐための目張り紙が貼られました。
異国情緒あふれる茶箱絵は、西洋諸国で大変喜ばれたようです。

Photo

(画像:茶花柄の目張り紙)

明治10年以降になると、「蘭字」とよばれる、
西洋文字を配した絵ラベルが用いられるようになりました。
別刷りだった目張りが見は絵ラベルと合体し、
絵の周囲には縁飾りのような枠線が付くようになりました。
「蘭字」に先駆けるものとして、「茶箱絵」を「前蘭字」とよぶこともあります。

1

「茶箱絵」 静岡市蔵(全ての写真:禁転載)

« 自由研究相談会を開催します! | トップページ | 10月のピックアップ特別公開!山田長政奉納戦艦図絵馬 »

今月のピックアップ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年9月のピックアップ~茶箱絵~:

« 自由研究相談会を開催します! | トップページ | 10月のピックアップ特別公開!山田長政奉納戦艦図絵馬 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

  • Twitter

キッズアートプロジェクトしずおか参加中