« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月23日 (火)

8月のピックアップ展示

静岡市文化財資料館では、収蔵品の中から、毎月一つの資料をピックアップしてご紹介しています。

今月のピックアップは‥

「蜻蛉塗(せいれいぬり)」です。

Seirei (写真:「蜻蛉塗 茶箱」静岡市所蔵)

「蜻蛉塗」とは、漆の変わり塗りの一種です。大正5(1916)年、静岡工業試験場の技師が創案しました。

呂色漆(ろいろうるし:油分を除き精製した黒漆)にアルコールなどの反発剤を適量加えて水面に滴下すると、トンボの翅(はね)に似た網状の文様が生じます。

これを用意した漆器の表面に転写し、微細な金属粉を蒔き付けて仕上げます。

Seireimonyou (写真:蜻蛉塗の文様)

漆の質、溶剤や漆を水面に落とす分量などに長年の勘と高度な技術が必要とされます。

この技法に改良と工夫を加えて発展させた八木秀三郎氏(故人)は、地方工芸史上重要な地位を占めるものであるとして、昭和46年に静岡市無形文化財保持者に認定されました。

今月は、八木秀三郎氏の手による蜻蛉塗3点(茶箱・文箱・硯箱)を展示しています。

~駿河漆器について~

静岡では、古くから漆器が生産されてきました。登呂遺跡からの出土品にも、漆が塗られた器が見つかっています。

静岡に漆器が根付いた要因は、江戸時代、浅間神社造営により各地から集められた職人たちが定住し、漆芸技術を教え広めたことにはじまるといわれています。享保年間には、幕府の商業政策のもとで保護を受け、諸侯の参勤交代の折の土産物として広く知られるようになりました。

明治・大正時代に入ると、低価格で精巧な日本の漆器は海外からの注目を浴びるようになり、静岡は輸出漆器の一大産地となりました。駿河漆器の特徴である多様な変わり塗りが開発されたのもこのころのことです。

現在も、高い技術水準を保ちながら、数多い技法を有して、豊富な品種とともに駿河漆器の製品は作られています。

(参考『静岡市の地場産業「事始」』 静岡市地域産業課発行)

資料館パンフレット

静岡市文化財資料館のパンフレットはこちらからご覧ください。

 

001

002

主な展示資料(常設展示)

展示品は随時入れ替えを行っているため、常時すべてを展示しているものではありません。また、企画展開催時には、常設展示コーナーを縮小させていただきます。

※「家康着初の腹巻」は特別公開時のみの展示です。展示予定については当館までお問い合わせください。

■国指定史跡 賤機山古墳出土品(静岡浅間神社蔵)

■徳川家関係資料

 ・家康公着初腹巻(きぞめのはらまき)(県指定文化財、静岡浅間神社蔵)

 ・家康公真筆書状(静岡浅間神社蔵)

 ・家康公朱印状(静岡浅間神社蔵)

 ・家康公寄進梨地高蒔絵天目茶碗(増善寺蔵)

■静岡浅間神社関係資料

 ・大絵馬 18面(静岡浅間神社蔵)

 ・大拝殿天井絵(原寸大模写)(静岡浅間神社蔵)

■山田長政関係資料

 ・山田長政奉納戦艦図絵馬写(静岡浅間神社蔵)

 ・山田長政日本義勇軍行列図(静岡浅間神社蔵)

■今川氏関係資料

 ・増善寺文書(義元判物ほか)(市指定文化財、増善寺蔵)

 ・浅間宮三月会装束寄附朱印状(静岡浅間神社蔵)

■武田氏関係資料

 ・武田信玄奉納釣燈籠(静岡浅間神社蔵)

 ・武田信玄社頭造営朱印状(静岡浅間神社蔵)

■朝鮮通信使関係資料

 ・東海道図屏風(県指定文化財、静岡市蔵)

静岡市文化財資料館 施設概要

■開   館  昭和50年5月1日

■設立目的  市民文化の向上及び文化財保護思想の普及

■展示テーマ

 1.静岡市の歴史に関係のある資料

  (賤機山古墳関係資料、徳川家・今川氏・武田氏関係資料)

 2.静岡浅間神社に関係のある資料

 3.静岡市の美術工芸に関係のある資料

  (漆器、竹細工、染色、陶芸、金工、書画、民芸品等)

■構造ほか 鉄筋コンクリート造2階建

 延床面積583.2㎡

 1階 299.7㎡(ロビー、特別展示室兼会議室、収蔵庫ほか)

 2階 283.5㎡(展示室ほか)

  Siryoukan01_2 (写真:資料館外観)

 

アクセス

(所在地) 静岡市葵区宮ヶ崎町102(静岡浅間神社境内)

■JR静岡駅より

 徒歩  約25分

 路線バス(しずてつジャストライン)

 ・10番乗り場:駿府浪漫(ろまん)バス 「浅間神社前」下車(所要時間:約25分)

 ・9番乗り場:美和大谷線、安倍線 「赤鳥居」下車(所要時間:約10分)

■静岡鉄道 新静岡駅より 

 徒歩  約15分

■自家用車

 専用駐車場はありません。静岡浅間神社駐車場をご利用いただけますが、祭礼や七五三の時期などは大変込み合いますので、できるだけ公共交通機関のご利用をお願いします。

 ※観光バスでお越しの方は、事前にお問い合わせください。


大きな地図で見る

Photo

静岡市文化財資料館 利用案内

■施設名  静岡市文化財資料館(しずおかしぶんかざいしりょうかん)

 

■所在地  〒420-0868 静岡市葵区宮ヶ崎町102(静岡浅間神社境内)

 

■電話・FAX 054-245-3500

 

■開館時間 9:00~16:30(最終入館16:10)

 

■休館日  月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始(12/26~1/5)、展示替期間

 

        ※年末年始休館は通常休館日とつながる場合があります。

 


■入館料
  大人 200円、中学生以下50円

 

        団体(20名以上) 大人150円、中学生以下40円

 

        回数券(5枚つづり) (大人券)940円、(小人券)230円

 

※下記に該当する方は入館料が無料となります。(各種証明書の提示が必要です)

 

・静岡市子どもカードの提示(中学生以下)

 

・キッズアートプロジェクトしずおかミュージアムパスポート提示の小学生

 

・静岡市在住70歳以上の方

 

・身体障害者手帳等の交付を受けている方とその介助者1名

 

■特別展示室兼会議室

 

 (使用料) 午前・午後 各820円、 1日 1,650円

 

ご利用には事前の申し込みが必要となります。静岡市文化財資料館にて申し込みを受け付けておりますのでお問い合わせください。    

 

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Twitter

  • Twitter

キッズアートプロジェクトしずおか参加中